KGS囲碁日記、 囲碁4コマなど
今日のNHK杯はおもしろかった。
プロでもあんな大石がバンバン死ぬんだね。

志田達哉 vs 金秀俊

志田のインタビューの後、解説の山城宏が
「彼の話してる声を久々に聞きました」
とコメントしているのを聞いて笑う。
同じ中部総本部でしょっちゅう会ってるだろうに、
どれだけ寡黙なのか!
秀俊の"壊れたマシンガン"の様なトークとは対照的。
でも、こういうのも棋士らしくて良いなあと思う。
棋士を一般の物差しで測ってはいけない。

それにしても中部の棋士って、
山城にせよ彦坂にせよ、こわい顔の人が多い様な気がする。
志田の目も別の意味でこわい。

対局は、志田が大石殺しまくったものの
秀俊も開き直って我が道を行った結果、どちらも巨大すぎて
私にはどっちが良いのか、さっぱり分からなかった。
だから、あそこまでやったんなら最後まで作って欲しかった。

富士山で琵琶湖を埋めつくすことは可能だろうか?

どちらも巨大すぎて、なかなか想像するのは難しいけど、
実際やってみるところを想像するのは楽しい。

NHKhai.jpg

(追記)ヤフーで検索すると、上記の答えは出てきます。
 検索する前に一度、自分で想像してみる事をお勧めします。
スポンサーサイト

【2011/08/28 17:42】 | 囲碁一般
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック