KGS囲碁日記、 囲碁4コマなど
[ネット編]
KGSで、スペインの[4k]と互い戦。
同ランクだけあって、局面は均衡したまま終盤へ突入。
ところが、ヨセで相手にミスが出る。
私が7子をアタリにしたのに、相手は気付かず他所へ打った。
う~ん(^_^;)

こんなにいい勝負なのに、
こんなつまらない結末で終わってしまうのか?
結局私はアタリを抜かずに、キーボードを打った。
"k-6 is atari" (k-6の手はアタリですよ)
相手もすぐに気付いて、"oops! thx"(おおーっと! ごめんね)
と言って、アタリをつないだ。

…賛否両論あるだろうと思う。
ネット碁でも真剣勝負と捉えるならば、こんな行為は無い。
プロがアタリを相手に教えたなんて話は無い。
一方、ネット碁なんて縁台将棋みたいなものだと捉えるならば、
(そういえば、縁台囲碁って言わないですね。
 縁台将棋ですら死語か…)
遊びなんだから固い事言わずに、楽しければいいじゃん、
という考え方も出来る。
私にしたって、確固たる考えがある訳でなく、
その時の気分なのだ。 今ならどうするか分からない。

ともあれ、その時はそうした。
それでもちょっと良いんじゃないかと思っていたが、
結果は、半目負けだった。

あぁ、またしても、半目の呪縛…

得てして、こういうものである。
「お前は甘い」 と
どこからか奇妙な声が聞こえる。


[リアル編]
私は現在、失業5ヶ月目である。
失業保険も先日切れてしまった。
ろくなスキルもない40男に、世間の風は厳しい。

先日とある会社で、面接はパスして
体験入社みたいな段階までは行ったのだが、
そこで、脚立に乗って作業をしていたところ、
足を滑らせて、一回転して床に落ち、血がぴゅーっと出た。

何故自分は肝心なところで
いつもこうなってしまうのか?


包帯を巻いてもらいながら、
「何か俺、コントみたいだなぁ…」 と
ぼんやり考えていた。
その後、会社からは何の連絡も有りません。


[明日への希望編]
KGSは、それ以来不調。
だが、それがどうした?
負けが込もうが、相変わらず打つのは楽しい。
また勝てる時も来るだろう。

リアルでは、仕事の話は流れ怪我までしてしまった。
だが、それがどうした?
むしろ、あれだけ派手にひっくり返って、
この程度ですんだのは、ラッキーだったんじゃないのか?
またハローワーク行くべさ。

広島では、明日から雨予報。
この雨を境に、季節が少し進むという。
残暑厳しい中、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は元気です。
スポンサーサイト

【2011/08/17 07:48】 | 雑談
トラックバック(0) |

いさぎよさ
牧神の午後
私にも似た経験があります。

その時の相手の方は、しばしの沈黙の後投了されました。

Win is yours.

これがメッセージでした。


打ち続ける事と投了する事の違いはささいなものでしょう。

こちらの気持ちが通じた事が嬉しいですね。

最後に余計な一言。私ならペイシューさんと一緒に仕事したいと思います。

Re: いさぎよさ
ペイシュー
まあ、これは微妙な問題ですよね。
人によって考え方は違うし、
自分なんかは、その日の気分によっても違う。

> 私ならペイシューさんと一緒に仕事したいと思います。

ありがとうございます。
がんばりまっす(>_<)


素晴らしい!
マイケリ
アタリを教えるとは素晴らしいですね。
僕の場合は今まで何度もアタリに気付かず
逆転負けで悔しい思いをしているので、相手
が気付いてなければ容赦なく取ってしまうと
思います。
もし、僕がアタリに気付かず相手から
「アタリですよ。」と言われたら潔く
投了すると思います。

それとペイシューさんはネット碁に対しても
リアルにしても気の持ち方が素晴らしい!
私もネット碁は楽しく、リアルは前向きに生き
れたらなぁ、と思います。

Re: 素晴らしい!
ペイシュー
> もし、僕がアタリに気付かず相手から
> 「アタリですよ。」と言われたら潔く
> 投了すると思います。

えぇ、逆に相手に失礼かな…とも思うんですよ。
一方、リアルで師匠との指導碁でも
「そこアタリだけどいいの?」
とか言われて慌てて手を戻す事も有ったりで
(逆もあり)そんな大した事でもない様な気もするし…
良く分かりません(笑)

> 気の持ち方が素晴らしい!

ありがとうございます。
楽観的なのは、自分でも長所かなぁと思っています。
馬鹿って事と両刃の剣でもあるかもですが(^_^;)
「40過ぎの馬鹿は本物である」
本物か…
どんとこい!


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
いさぎよさ
私にも似た経験があります。

その時の相手の方は、しばしの沈黙の後投了されました。

Win is yours.

これがメッセージでした。


打ち続ける事と投了する事の違いはささいなものでしょう。

こちらの気持ちが通じた事が嬉しいですね。

最後に余計な一言。私ならペイシューさんと一緒に仕事したいと思います。
2011/08/17(Wed) 12:56 | URL  | 牧神の午後 #-[ 編集]
Re: いさぎよさ
まあ、これは微妙な問題ですよね。
人によって考え方は違うし、
自分なんかは、その日の気分によっても違う。

> 私ならペイシューさんと一緒に仕事したいと思います。

ありがとうございます。
がんばりまっす(>_<)
2011/08/18(Thu) 06:11 | URL  | ペイシュー #-[ 編集]
素晴らしい!
アタリを教えるとは素晴らしいですね。
僕の場合は今まで何度もアタリに気付かず
逆転負けで悔しい思いをしているので、相手
が気付いてなければ容赦なく取ってしまうと
思います。
もし、僕がアタリに気付かず相手から
「アタリですよ。」と言われたら潔く
投了すると思います。

それとペイシューさんはネット碁に対しても
リアルにしても気の持ち方が素晴らしい!
私もネット碁は楽しく、リアルは前向きに生き
れたらなぁ、と思います。
2011/08/18(Thu) 19:02 | URL  | マイケリ #JalddpaA[ 編集]
Re: 素晴らしい!
> もし、僕がアタリに気付かず相手から
> 「アタリですよ。」と言われたら潔く
> 投了すると思います。

えぇ、逆に相手に失礼かな…とも思うんですよ。
一方、リアルで師匠との指導碁でも
「そこアタリだけどいいの?」
とか言われて慌てて手を戻す事も有ったりで
(逆もあり)そんな大した事でもない様な気もするし…
良く分かりません(笑)

> 気の持ち方が素晴らしい!

ありがとうございます。
楽観的なのは、自分でも長所かなぁと思っています。
馬鹿って事と両刃の剣でもあるかもですが(^_^;)
「40過ぎの馬鹿は本物である」
本物か…
どんとこい!
2011/08/19(Fri) 06:07 | URL  | ペイシュー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック