KGS囲碁日記、 囲碁4コマなど
最近のNHK杯は、解説者がバラエティに富んでいて嬉しい。
小林覚や高尾紳路も久しぶりだし、小松英樹も初めて見た。
で、昨日は加藤充志9段が解説。
こちらも初めてなんで楽しみに観る。

以前、対局者として登場した時に、万波さんが
「加藤8段(当時)ってどんな方なんですか?」
と、解説の溝上知親に質問したことがあって、
「まあ、彼はいつもこんな感じなんですよね」
とニヤニヤして答えていた様に思うが、
なるほど、こんな感じか…

はっきり言ってしまえば、棋士としては一流でも
解説者としては…う~む(^_^;)
…下手だよね(あ、言っちゃった)
もちろん棋士は芸人ではないので、
TVで明るく楽しく解説する必要はないのだけれど。
でも例えば、結城聡天元だって、お世辞にも
トークが達者とは言えないのだが、
それでも好感が持てるのは、石をやたらと嬉しそうに
並べてくれるからだ。
(以前、しちょうを最後まで並べたこともあった)
充志9段、話術がいまいちなのは仕方がない事だけれど、
やる気も無さそうに感じられたのは、素なのだろうか?
…きっとそうなんだろう。
でも、アンニュイな雰囲気が似合うのは、
鈴木歩だけで良いと思う。

ずいぶん悪口を書いてしまったので、ちょっとフォロー。
この人の著書
「中盤の花形戦法運用、撃退マニュアル」は、
ためになる上に、あちこちユーモアも散りばめられており、
とても良い解説書だと思う。
情熱とユーモアは内に秘めるタイプなのだろう。
このセンスの半分でも表に出せば良いのにとちょっと思った。

今回、解説はあれだったけど、それでも私は楽しかった。
対局自体は、黒模様の中の白がテクニカルにさばくという
エキサイティングなゲームだったし、プロって
どんなに熱い局面でも、冷静沈着に盤面を見ているもんだなと
妙な感心もしてしまった。
これはこれで、加藤充志の持ち味なのかなとも思う。
やはり解説者は色々なタイプがいる方が豊かだ。

プロ棋士には常人離れしたものを期待してしまう私は、
だから、"KY"(嫌な言葉だ)なんて略語にも負けず、
それぞれ我が道を行ってほしいと思う。

(追記)あと、万波さんは流石だと思った。

atushi02.jpg
スポンサーサイト

【2011/08/01 16:52】 | 囲碁一般
トラックバック(0) |

棋士転がし
牧神の午後
菜穂先生はずいぶん上達したと思います。


囲碁だけじゃなく、解説の棋士の扱いも。

Re: 棋士転がし
ペイシュー
ですねぇ。

前任者の中島さんも良かったけど、
マイペースなところもあったから
(そこが魅力でもあったのだけど)
充志9段みたいなタイプだと
放送事故っぽくなっていたんじゃないかと
想像してしまいました。

万波さんは、何か安心して観ていられる。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
棋士転がし
菜穂先生はずいぶん上達したと思います。


囲碁だけじゃなく、解説の棋士の扱いも。
2011/08/01(Mon) 23:00 | URL  | 牧神の午後 #-[ 編集]
Re: 棋士転がし
ですねぇ。

前任者の中島さんも良かったけど、
マイペースなところもあったから
(そこが魅力でもあったのだけど)
充志9段みたいなタイプだと
放送事故っぽくなっていたんじゃないかと
想像してしまいました。

万波さんは、何か安心して観ていられる。
2011/08/02(Tue) 06:47 | URL  | ペイシュー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック