KGS囲碁日記、 囲碁4コマなど
昨日のNHK杯も見ごたえがあった。

高原周二って、私は初めて見た。
8年ぶりのNHK杯とか言ってたので、
囲碁歴7年に満たない私は、どんな棋士なのか知らなかった。
第1印象は、顔がまん丸で"おむすび" みたいだなぁと思った。
インタビューも、勝負師らしからぬ物腰の柔らかさ。

でも今日の碁を見て、いっぺんにファンになってしまった。
厳しい手の連発。 隅をこれでもかとばかりに取られても、
中央をそれ以上に飲み込んで対抗する大局観。
自分もこんな風に打てればなぁ…と思う。
大体いつも、中央をまとめようとするとガンガン侵入されて、
最初はバスケットボール位あったはずの模様が、
最後にはピンポン玉みたいになっちゃうんだよね。

両者の苦悶の表情も実に良い顔だった。

battle.jpg

囲碁の棋士は、将棋に比べて
リアクションが豊かで観てて楽しい(加藤一二三を除く)
ぼやき倒す。石をジャラジャラさせる。髪をかきむしる。
自分の頭を全力でグーで殴る(さすがにあの先生だけか…)
などなど。
「そんなとこばかり見てないで、局面を見なよ」と言われそうだが、
私は弱い上にミーハーなので、こういうのも好きなのだ。

時々ネットで、武宮正樹の放談解説についての
批判を見かけたりするが、私はこの先生の解説好きだ。
学校にも、教え方のうまい先生もいれば、
何を言っているのかよく分からないけど
雑談だけは面白いといった先生もいたりする様に、
そうした多様性に富んでる方が良いんじゃないかと
個人的には思う。
話がそれたけど、楽しみどころは色々!ってことで。

2回戦は、女流最強!謝依旻と当たりますか…
うわ、楽しみ。楽しみ。
どっちの応援しようかなぁ。
スポンサーサイト

【2011/06/06 15:55】 | 囲碁一般
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック