KGS囲碁日記、 囲碁4コマなど
失業してから1ヶ月余り経った。
その間、生産的な事は何一つやっていない。
日がな一日、本を読んだり、
ウクレレ・ジャイアンリサイタルを開いたり、
碁を打つのもそうした行為の一つだが、
昨日また、のぼせて馬鹿をやった。
普段は1日3局も打てばお腹いっぱいの私が、
12時間連続(ご飯休憩を含む)KGSで打ってみたのだ。

「ハチワンダイバー」という将棋漫画(柴田ヨクサル著)がある。
この中に主人公の菅田が、元アマチュア名人でホームレスの
二こ神さんと倒れるまで10秒将棋を指し続けるという話があり、
これが熱い。読み返しているうちに何故か、自分に足らないのは
これなのではないかという気持ちになり、やってみることにした。

さて、いきなり結果から言うと、散々たる有様であった。
最初の内は、R戦(ランキング戦)とF戦(フリー対局)を
混ぜてやっていたが、余りにも負けるので途中から泣きが入り、
気楽なF戦だけを戦う事にする。
それでも容赦なく、面白い様に負け続けた。
途中から何をやっているのかよく分からなくなって来たり、
画面が少し歪んで見えたりする。 やばい。
もはや負けても悔しくもなんともなく、
「ふーん」位にしか思えず。
むしろ、何で今まで勝ててたんだろうと不思議な気分を味わう。

12時間で21局打って、成績は2勝19敗…笑うわ。
後半の私は、ほとんどサンドバッグであった。
「今日はこれくらいで勘弁しといたるわ」
と、池乃めだか風につぶやいてログオフする。

何かこの一日に意味があったのだろうか…
と風呂に入りながら考えてみたが、
どう考えても無意味なばかりか、
かえってマイナスだったのではないか
としか思えず、非常にむなしくなる。

小人閑居して不善をなす。
なかなか漫画のようにはいかないものですね。
スポンサーサイト

【2011/05/11 15:54】 | KGS
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック