KGS囲碁日記、 囲碁4コマなど
外回りの碁が好きだ。

一口に外回りといっても、
(模様) 対 (実利) そして 
(厚み) 対 (足早)
といった対立軸があるならば、

(模様) + (厚み) = 武宮正樹 (宇宙流)
(模様) + (足早) = 王メイエン(ゾーンプレス)

自分の中ではこんなイメージなんだけど、どうなんだろう?

外回りの碁は、勝つ時は豪快で良い。
真ん中が肥大化してドーナツみたいになったり、
入ってきた石を、コテンパンに叩きのめしたり。

でも負ける時はご承知の通り、悲惨だ。
模様の中心に図々しく居座られて舌を出されたり、
ご自慢の厚みが、ベルリンの壁よろしく崩壊したり。
…ふーっ
と大きなため息をつき、投了するのである。

3子局(白番・私)
中押し負け
kif36.jpg
まあ、こんな感じで。


今日のNHK杯、湯川光久 vs 潘善 戦。
残念ながら、模様を張った潘善が負けてしまった。

私が思ったのは、これだから外回りは勝ちにくい…
という事では全然なくて、むしろ
あれだけ前半に地を稼がれながら、
(白の地は前半ほとんど無かった)
わずか1目半の僅差になるのは、どうしてなんだろう?
ということだ。

模様が大きくまとまったという風でもなかったし、
攻めが功を奏したという感じもしなかった。
それなのに、いつの間にかポロポロと地が付いてて
終わってみると良い勝負(自分から見れば)
うーむ。

なにも広げるだけが模様じゃない。
攻め立てるだけが外回りじゃない。
そう教えられた気もする。
どれだけ深いんだろう。
自分には、とてもこんなに落ち着いた打ち方はできないにしても。

プチ宇宙流。
なんちゃってゾーンプレス。
これからも行くぞ!
たとえ負けても、外回りが好きだ!
スポンサーサイト

【2011/05/01 16:55】 | KGS
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック