KGS囲碁日記、 囲碁4コマなど
2日前の水曜日、突然くしゃみが出て鼻水が止まらなくなった。
とうとう来たか…と私は思う。

あれは突然発症するものらしい。
体内に良からぬものが蓄積し、臨界点を超えると
ある時、ドカン!
去年まで何ともなかったのに、がっくしだ。
赤紙が届いた気分だ。

「その程度じゃ、可愛いものよ」
と、周りの花粉症歴十数年のつわもの達が言う。
そうなの?
「心配しなくても、これから益々ひどくなるから」
と、はげまされる。 ありがたいことだ。

やっと肩こりが和らいできたかと思ったら、これである。
体調万全って、なかなかあり得ないけれど、
碁の不調の原因にしても詮無いことだ。

20年間無敗の雀鬼、桜井章一が
「不調の時の実力こそ、真の実力だ」
みたいなことを言っていたような気がする。
なるほど。
故・鴨ちゃん(漫画家・西原理恵子の元旦那)は、
この人の事を詐欺師だと書いていたが、
私もそう思う。
実力のみが勝敗を左右する将棋や囲碁の世界でさえ、
羽生や張栩の勝率が10割という事はあり得ない。
ましてや運の絡む不完全情報ゲームである麻雀で、
20年間無敗なんてことは、いかさまでもしない限り
絶対に不可能だろう。
…でも、詐欺師でもいいじゃないかと思う。
本は面白いし(眉つばだけど)、良い事もたくさん書いてある。

不惑を過ぎ、厄年を超え、これからは不調と
上手に折り合っていかなければならないだろう。
Welcome to the 花粉 world
…か。 へっくしょい! ちきしょう。
スポンサーサイト

【2011/03/04 11:57】 | 雑談
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック