KGS囲碁日記、 囲碁4コマなど
本日の1戦より (互い戦・黒番)
kif22.jpg
この後普通に3線に受けといて、黒悪くないように思う。
私は形勢判断にのある人なので断言はできないが、
下辺の黒だって相当のものだ。
ところがこの後、悪いビョーキが出る。

えい!やあ!
kif23.jpg
思わず切っちゃった(汗)
こうなるともう止まらない。
暴走機関車。

終点は黒の投了図。
kif24.jpg
…ヒドスギル
何故私は普通に打つべき状況で、
こういうことをやらかしてしまうのか?

理由はある。
稀にこんな手が成功したら、
もう有頂天なのである。
私は大抵、朝に碁を打つのだが、
その日一日気分が良いのだ。

まあ、負けちまったら、元も子もないわなぁ。

先日の メーエンvs宮沢吾朗戦 の熱に
あてられていたというのもある。
しかし考えてみれば、宮沢吾朗の鬼手が
半ば無謀にも見えるのは、我々が凡庸だからであって、
あの先生の頭の中では、読みの入った
ごく自然な1手として打っているんじゃないのか?
私の「無謀」は、本当に単なる無謀であり、
思いつきと好奇心からなる。

後悔するし、反省だってする。
でもまたきっと、やっちまうんだこれが。
私は自覚している。
心の奥底に、こういうのを面白がっている自分がいる事を。
スポンサーサイト

【2011/01/19 17:29】 | KGS
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック