KGS囲碁日記、 囲碁4コマなど
宮沢吾朗の碁は観ててとても楽しい。

今日のNHK杯もおもしろかった。
序盤はいけいけドンドンで気持ちいいんだけど、
そのうち序盤やり過ぎの付けが回ってきて、うんうんとうなり始める。

なんか自分みたいだ。
深い親しみを感じる。

どっちがどうなっているのか、観ててもさっぱりわからないけど、
解説の三村だって、わからないって言っていたし、
高尾だって、あの大石を助けてたらどうだったんだろう。

状況はさっぱりわからないけど、プロがすごいのはわかる。
こんな大石取り合う様な碁でも、2目半差に収まるっていうのはどうなのか。
プロなら大差かもしれないが、Myへぼ碁の世界では誤差の範疇だ。
勝っても負けてもgg(good game)だ。

次回は、これまた私の大好きなメーエン先生とあたる。
今からとても楽しみです。
スポンサーサイト

【2010/10/17 16:46】 | 囲碁一般
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック