KGS囲碁日記、 囲碁4コマなど
今日のNHK杯おもしろすぎる。

治勲の外回りって初めて見たような気がする。
こういう碁でも強いんだなあ…
って当たり前か、超一流なんだから。

外回り大好きな私だが、やってることが高度すぎて、
解説無しじゃさっぱり解らないし
勉強にも参考にもなりゃしないんだけど、
それでも感動はする。

攻め合い大好きな私だが、やってる最中は
そこしか見えていない。
というか、その部分さえ全く読みきれていない。
どうやらプロは一瞬で結果が見えるものらしい。
さらに周りの状況まで計算に入っている。
1手30秒で?
…次元の違いに鳥肌が立つ。

解説の武宮も良かった。
布石の30手位で、早くも外回り勝勢を言い放つあたり、
らしくっていいっすなあ。

個人的には、今年度これまでのベストゲームだった。
できれば決勝戦で見たかったと思う。
スポンサーサイト

【2010/12/19 16:45】 | 囲碁一般
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック