KGS囲碁日記、 囲碁4コマなど
ついこの間、年が明けたと思ったら、もう12月。
本当にあっという間だ。
公私ともに忙しい中、
「師走の私(わたす)」
…と、東北弁っぽくつぶやいてみてすぐに、
それが別に、駄洒落にも回文にもなっていない事に気付いたが、
なんだか語呂が良かったので連発していたら、
上司のMさんの目が段々怖くなってきたので、慌てて中断。
忙しいという文字は、心を亡くすと書きます。
みんな、多忙が悪いんだ。

以上で最近ブログの更新をずっとさぼっていた
申し開きとさせていただきます。
(…ダメ?(^_^;))

と言う訳で最近は、見たいテレビ番組なんかも全部録画。
空いた時間を活用して、ちょびっとずつ見ている。
まずは、「情熱大陸」
女流3冠(当時)謝依旻に密着取材。
これは見逃せない。
負けて、人目(カメラ)をはばからず悔し涙を流す
強烈な負けず嫌い。
女流本因坊のタイトルを奪われ、
コートにくるまって泣き続ける姿に
胸がキュンとなる。

2013iminchan03.jpg


謝依旻の特集だったので、向井千瑛の事は
ほとんど触れられなかったのだけれど、
初タイトル、おめでとうございます!
今まで幾度となく謝依旻の壁に撥ね返されてきただけに、
ついに来たーーっ!て感じ。
本当に良かった。

続いてNHK杯、
羽根直樹 vs 瀬戸大樹
の一戦も面白く、
中野泰宏の解説も良かった。
後ろ髪をちょんまげに結って、
目つきもキョロキョロ泳いで挙動不審。
喋りは素人っぽいし、
ドランクドラゴンの鈴木には似てるし、
どこの一般人だよ!?
って印象だが、
プロ棋士9段である。
アタリにつっこむのである。
凡人な訳がないのである。
凡人に分かる様に、凡人の言葉で
手の意味を伝えてくれているのである。
そしてそれは、私にとって非常に分かり易い名解説であった。

なんか、そんなこんなでせっかくの休日も
実にダラダラと過ぎていきます。
師走の私。
皆さまもご多忙の中、
体調など崩されませぬように。
スポンサーサイト

【2013/12/13 12:04】 | 囲碁一般
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック