KGS囲碁日記、 囲碁4コマなど
ダメノミクス等と浮かれていたのもつかの間。
また順調に負け続けている。
確変終了か…
ちぇっ!
あぁ、短い春だったな。

徹夜で麻雀をやると、一晩のうちに
運気の流れの様なものを確かに感じる瞬間があるが、
KGSにおいても、ランクグラフの変動を見ていると、
好不調の波(バイオリズム)の様なものがあると
感じざるを得ない。

こういう時は、リアルでも悪い。
私は財布を無くしてしまった。
警察に届けは出したが、
未だ見つかったという連絡はない。
もう出てこないのだろう。

そしてこんな時は、こんな人と当たったりする。
アメリカの[4k]と定先(白番・私)
最初は和やかに進んでいたのである。

brog omoshiroi
などと言ってくれて、
あれ、見てくれたのかな?
(プロフ画面にURLを載せてある)
と、ちょっと嬉しかったりもしたのである。
ところが終盤、

私がアタリ(K-19)した手に、おそらく気付かず
相手が手を抜いたので(T-14)
kif117.jpg

容赦なく大石を抜いたら…
kif118.jpg

その時、「待った」でもしてくれりゃあ良いのに、
それから10手近くも進んでから、
相手が突然きれ始めたのである。

battle201309.jpg

人を何度もcheater(インチキ野郎)呼ばわりするので、
its only your mistake
(てめぇが間違えただけだろうが)
と返してみたが、英語に全く自信の無い私は
正しく伝わっているのかどうかも分からない。
相手はますます逆上。
待ったを連打し局面を戻そうとするわ、
終局には同意しないわ、
いい加減うんざりだったので、
are you happy?
(楽しいか?)
と打って私は投了した。
相手の最後の台詞、fu は、
きっとあの汚い4文字の言葉の略語なのだろう。

それにしてもこう言われっぱなしなのも、
私の英語能力が全く不足しているせいであり、
もう少し英語ができれば、相手をなだめたり
説得する事も出来たのではないかと
全くもって残念な次第である。

旧約聖書によれば、
もともと人間は同じ言葉を使っていたが、
神にまで届く高い塔を建てようとしたため、
神の怒りを買い、塔は破壊され、
人々は互いの言葉を理解する術まで奪われ、
混乱して各地に散っていったという。
現在、ネットで碁が打てるような時代になっても、
我々は未だ、バベルの子孫なのだ。

悪い時は悪い。
こんな時は少し休もう。
また風向きも変わるだろう。

watashinoitte2013.jpg
スポンサーサイト

【2013/09/03 11:51】 | KGS
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック