KGS囲碁日記、 囲碁4コマなど
(前回から続く)
久しぶりの更新だったというのに、
前回は汚い話でごめんなさい(^_^;)
切ればウンコ出る…じゃなかった
血の出る痛いブログでお届けしています。

酒をやめて、味気ないと感じる反面、
もちろん善い事はそれ以上にある。
それまでの私は、毎日の晩酌はもちろん、
休日などは昼間から酒を飲み、
ぐだぐだの生活を送っていた。
一旦、酩酊(時には泥酔)してしまえば、
その後の一日はすでに消化試合である。

だが今は違う。
この貴重な時間を少しは有意義に使えるはずだ。
碁を打つこともできる。
ウクレレを弾くこともできる。
本を読むことだってできるだろう。

とはいえ、碁を打ったってこの程度ではあるのだが…

互い戦(黒番・私)
kif114.jpg

序盤早々に左下隅を殺され、もう投げようかと思っていたところ…

kif115.jpg

今度は右辺の白を全滅させる事に成功し、
完全に逆転気分。
もう勝ったと思っていたら…

kif116.jpg

最後の最後で、死に石指定(右下隅)をミスり17目半負け。
うそっ!?
囲碁の才能うんぬんというより、
人間としてこのうかつさはどうなのか? と
しばらく、呆れかえっていたが、
後でよく数えてみると、別に死に石指定をミスらなくても、
1目半負けていた事が判明。
なんかもうぐだぐだである。

耳元で優しくささやく声が聞こえる。
「そんなに熱くなるな。
 頑張るな。
 どうせ今から死ぬほど頑張ったって、
 プロになれる訳ではないのだから…
 まぁ、酒でも一杯いかがですか?」
無視する私にさらに語りかけてくる甘い声。
「本当は飲みたいくせに、
 そんなに詰め碁なんてやってどうしたんですか?
 自分でも分かってるんじゃないですか?
 もう若くもないし、才能もない。
 そんなに頑張ったって、たいして変わりゃしない
 ってことを…」

…なるほど、認めよう。
お前の言う通りかもしれない。
私はもう若くもないし、才能もない。
本当は酒だって飲みたい。
だが、私にだってまだ残っているのだ。
心の奥底にほんの僅かばかりだが。
どんなにぶざまでも。
希望が。

生来、怠け者である自分だが、
今回の事で、こつこつ努力することも
また嫌いじゃなかったんだよなぁ…
という事を思い出すことができた。
報われる報われないは、どうでもいい。
破壊と再生を繰り返しつつ
そして人生は続く。
スポンサーサイト

【2013/05/02 10:10】 | 雑談
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック