KGS囲碁日記、 囲碁4コマなど
NHK杯より一足早く今期の囲碁講座
「勝利のパワーバランス」が終了した。
何年やってても強くなれない人(…呼んだかな?(^_^;))
を主な対象に、シティーボーイズのきたろう氏と共に
初段を目指すという内容で、私も初心に帰ったつもりで学び、
大いに為になった。
実際、こんなの知ってるよというような形でも、
その背後には未知の奥深い世界が広がっていて、
まだまだ全然なってないなぁと身につまされるのだった。
もっとも毎回感動して見ていた割には、
1年間の総仕上げテストで、まるで覚えていない事が判明し、
我ながら情けない限りではあったのだが(汗)

それにしても、きたろう氏は初段もらえて
本当に嬉しそうでしたね。
良かったなぁ。 こっちまで嬉しくなる。
気持ちはわかるよ。 
私も碁会所で「初段」って言われた時は
本当に嬉しかったもの。
免状と扇子はちょっとかっこよくて、
見ていて欲しくなる。
吉原由香里、吉田美香 両先生、きたろうさん、
(あと Mr.天元にも)
お疲れさま、そしてありがとうございました。

shodan2013.jpg


その後は、NHK杯のAブロック準決勝を観戦。
結城聡 vs 山田規三生 の関西勢対決。
トーナメント表を眺めていると、
結城は秋山次郎以外全員関西勢と当たっている。
(倉橋正行、秋山次郎、村川大介、山田規三生)
これ勝てばまた次、井山裕太だしな。
関西強しの印象である。

解説は、大竹英雄名誉碁聖。
昔からどこか人間離れした雰囲気を醸し出していたが、
ここにきて益々、妖怪じみてきたような気がする。
2ちゃんねるの囲碁板では、なにかと評判の悪い
大竹老師の解説だが、私はけっこう好きだ。
確かに、下坂さんが解説か?
って位に並べないのだが、仕事(解説)そっちのけで
碁を楽しんでいるのが伝わってきて、
あぁ、この人は本当に碁を愛しているんだなぁ…と、
なんだかこっちまで少し幸せな気分になれるのである。

sosososo2013.jpg

大石を殺し、激戦を制したのは、結城聡。
この4年間でNHK杯3回優勝の実績は伊達ではない。
決勝の相手は、あの井山裕太!
最近6冠を獲得し勢いは止まらない。
まさに勝ち上がるべくして勝ち上がってきた二人。
激闘を制するのはどちらか?
なんという贅沢なカード!
今から楽しみでならない。
スポンサーサイト

【2013/03/20 10:24】 | 囲碁一般
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック