KGS囲碁日記、 囲碁4コマなど
最近、なんかよく負けてるなぁ…と感じ、
数えてみたら10連敗していた。

ま、どうってことないね!
全然、驚かないし。
普通、普通。
ていうか、11連敗した事もあるしね。
(いばってどうする(^_^;))

ともあれ、こう負け続けると、
毎日、碁を打つという行為は、
毎日、自分がいかに間抜けであるかを
再確認する作業に限りなく近くなり、
さすがにそれは、あまり愉快な事ではない。
しかも敵は、ご丁寧に毎回手を変え品を変え、
私の間抜けっぷりを示す証拠を突き付けてくるのである。

シチョウを読み間違える…
またしてもダメ詰まり…
当たりに気が付かない…
54目半差で負ける…

ていうか、私は本当に[3k]ですか?

もう少し若いころに囲碁に出会えてれば良かった
と思うのは、なにも若いころの方が上達が早い
という理由からばかりではない。
まだ若かったころ私は、
ねじくれ曲がったコンプレックスと共に
なんら根拠のない自信にも満ち溢れているという
アンビバレントで不安定な存在であった。
…ようするに普通のその辺の兄ちゃんであったわけなのだが。
もしも、そのころに囲碁が私のそばにあったなら、
もっと早くに、この世の真理(のようなもの)に触れる事が
出来たのではないかと思う。

上には上がいるという事。
上達は努力によってのみ可能であるという事。
そのスピードは呆れるほどもどかしく遅いという事。
自分がいかに間抜けであるかという事。

数えあげればきりは無いが、
現実と折り合いをつけ、世界での着地点を見つける
という事に、囲碁は大いに役に立つゲームではないかと思う。

ふわふわ、だらだら、のらくらと
大切な事を先延ばしにしてきた私は、
今になって、囲碁からその事を教わり
そして叱られている。
スポンサーサイト

【2013/03/02 11:07】 | KGS
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック