KGS囲碁日記、 囲碁4コマなど
当ブログは、自身のKGS対局における
感想等をメインとした囲碁ブログである。
たまにその趣旨から外れ、話が横道にそれる事もあるため
"雑談" といったカテゴリーも用意してある。
が…
なんか最近、雑談ばっかりじゃないか!?

もっとも、"KGS" や "囲碁一般" のカテゴリーにしたって、
分類はいい加減なものであり、ほとんどは
雑談である様な気もしなくはないのだが(汗)

当ブログは、囲碁ブログである。
囲碁ブログなのだから、たまにはパシッと行く。
先週の対局より、

互い戦(黒番:私)
kif102a.jpg

今、白が(G-9)に切ってきた所が今回のテーマ図。
さて私は、この手に対してどう応じたでしょうか?
A、B、C の中からお選びください。
制限時間は15秒です。

レッツ メイク ア チョイス!!
choice.jpg
(古いね…(^_^;))

チッチッチッ…
チーン!
それでは正解の発表です。

正解は、A でした。
最初、手拍子でBと抜こうとしたんですけど、
なんだ…Aでもいいじゃないか?
ていうか、その方がいいじゃん。
自信満々、Aに打った後すぐに、
Cへ伸びられて愕然としました。

はい、左下隅のことをすっかり忘れていました。
もう取りきった気分でいたんですよね(@_@;)
この要の2子を逃げ出されると、
左下の攻め合いは、完全に黒負け。
あまつさえ、左辺の黒まで全滅しました。
BでもCでも良かったじゃないか!(>_<)
4隅を大きく占めて、黒勝勢(だよね?)
1つ1つ積み上げていったものが、
不用意なたった一手で音を立てて崩壊。
どこか人生の縮図の様でもあり…

「それでは溝上先生、このAの手は何点頂けますでしょうか?」
「この手は、マイナス100億点です」

投了ボタンを押し、"thx" と打った時の
私のひきつった表情と深いため息は、
対局相手と観戦者にも伝わったのだろうか?
スポンサーサイト

【2012/11/04 11:24】 | KGS
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック