KGS囲碁日記、 囲碁4コマなど
KGSの画面には、碁盤の横に
チャットウィンドウがくっついているのだが、
ある時、ふとそこに目をやると、
もうだいぶ前に相手が発言していたのに気付き、あせる。
"nihonjin desuka?"
(日本人ですか?)

たまにローマ字で話しかけてくる人がいるが、
英語で答えたものか、日本語で答えたものか
悩むところではある。
結局、 "soudesu" (そうです)と
ローマ字で答えたのだが、今度は

"peitthew wa nan desuka?"
(ペイシューは、なんですか?)
と聞かれたので、また頭を抱える。
なんですか?って聞かれてもなぁ…(^_^;)

"inu desu" (犬です)と
答えようかとも思ったが、笑ってもらえないばかりか
喧嘩を売っているように取られそうにも思えたので、
無難(?)に、
"my nickname" (私のニックネームです)と
答えたのだが、果たしてこれが
相手の質問に合った答えだったのかどうかは分からない。
相手はただ、"oh" と答えただけだった。

ゲームは割と順調に進んでいたかの様に思えたが、
最後にまた私のダメ詰まりが炸裂!

今週のダメ詰まり
4子局(白番:私)
kif90.jpg

A19のあてに、思わずC19とつないでしまった(汗)
チャットウィンドウに顔文字が飛び交う。
私 : (>_<)
相手: ^^

結局、その分くらいの差(9目半)
で負けてしまったのだが、私の気分は清々しかった。
相手が、"lucky" (運が良かった)と言ったので、
本当は、
"i cant see. but you can see. it is not lucky"
(私は分からなかったけど、あなたは分かった。
 ラッキーじゃないよ!)
くらいの事は言いたかったのだけど、
それは後になって思う事で、その時はただ挨拶だけして落ちた。

負けて気持ちの良い事もあれば、そうでない時もある。
相手から挨拶が無いのは割とよくある事だけれども、
その相手が終盤近くに突然こう言った。
"open you eye!" (目を開けろ!)

局後、thx の挨拶もなく、相手の発言はこの一言のみ。
何だかよく分からないけど、悪意の様なものを感じる。

たかがチャットといえど、
言葉は道具にも凶器にもなり得る。

本日の対局より、
定先(黒番:私)
kif91.jpg

[2k]に25目半差をつけて勝ち、
いい気になっていたところ、
局後にチャットウィンドウに表示された観戦者からの、
「なぜ、J11へ打たないのか?」
の発言を読んで、「あ!」と思う。
上辺は取りきった気分でいたら、
相当やばい劫ですね(^_^;)
(ていうか、その前のK11が大悪手(>_<))

ご指摘ありがとうございました。
言葉は良き教師にもなり得る。
スポンサーサイト

【2012/07/28 16:11】 | KGS
トラックバック(0) |

ありがとうございます。
Phalaris
J11を指摘した者です。いつもブログを楽しく読ませていただいており、たまたま初観戦してたら気付きました。本来ならペイシューさんやその相手の方に指摘できるような棋力ではないのですが、岡目八目って本当なんですね。ブログで私の発言を取り上げていただけるとは、望外の喜びです。こちらこそありがとうございます。

Re: ありがとうございます。
ペイシュー
こんにちは、はじめまして^^

いつもこんな油断ばかりして、やられる日々です(>_<)
今回、何故か相手も仕掛けてはこなかったし、
指摘されなかったら気付かなかったと思います。
重ねてご指摘感謝です!

KGSで当たる事がありましたら、
宜しくお願いいたしますm(__)m


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます。
J11を指摘した者です。いつもブログを楽しく読ませていただいており、たまたま初観戦してたら気付きました。本来ならペイシューさんやその相手の方に指摘できるような棋力ではないのですが、岡目八目って本当なんですね。ブログで私の発言を取り上げていただけるとは、望外の喜びです。こちらこそありがとうございます。
2012/07/29(Sun) 00:13 | URL  | Phalaris #7TpkMSQU[ 編集]
Re: ありがとうございます。
こんにちは、はじめまして^^

いつもこんな油断ばかりして、やられる日々です(>_<)
今回、何故か相手も仕掛けてはこなかったし、
指摘されなかったら気付かなかったと思います。
重ねてご指摘感謝です!

KGSで当たる事がありましたら、
宜しくお願いいたしますm(__)m
2012/07/29(Sun) 06:21 | URL  | ペイシュー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック