KGS囲碁日記、 囲碁4コマなど
[AM 10:00 ~ 10:30]
囲碁・将棋フォーカスが分かれ、
もう将棋の方は見る事もあるまいと思っていたが、
結局、初回からずっと見ている。
駒の動かし方からやってくれるのが良い。
現在の講師は、藤井猛9段。
将棋界の大革命、「藤井システム」の開祖である。
先週は、王位戦挑戦への意気込みを聞かれて、
「大いにがんばります!」
と真顔で答えていた。
すてきだ。

特集では、「どうぶつしょうぎ」なるものを取り上げており、
これが非常に可愛らしい。

doubutsu.jpg
これでなかなか奥が深いらしく、
"底歩" ならぬ "底ピヨ" という表現にしびれてしまう。
これは、子供ならずともやってみたくなる。
(オレだけかなぁ?…(^_^;))

いつも将棋にひがんでばかりだけど、
今回はあるぞ、対抗馬!
こちらもがんばれ!
黒猫のヨンロ

kuroneko.jpg

[PM 12:00 ~ 12:30]
続いて「囲碁フォーカス」の方では、特集に
某商社の囲碁サークルについて紹介していた。
社員数110人中、なんと半数以上の63人が
囲碁部員だという。
すごい! いいなぁ…
私は、こんな会社は
フィクション(すごもり君の星目商事とか…)
でしか存在しないものだと思っていたが、
実際あるんですねぇ…(ため息)
なんてうらやましい環境だろう。
私はこれまでいろんな職場を転々としてきたが、
囲碁を打つ人なんて一人もいなかったよ(>_<)

ところで、由香里先生の講義は今月いっぱいらしい。
きたろう氏とのかけあいが楽しかったのだが、
おつかれさまです。
次回の講師、吉田美香先生にも期待!

YukariKitarou.jpg

[PM 12:30 ~ 14:00]
NHK杯囲碁トーナメント本戦の方は、

小林覚九段 vs 趙善津九段 (解説:依田紀基)

前回と全く同じ顔合わせである。
そして今回も、依田紀基の独壇場であった。
私には、これがなんとも嬉しい!

最近、依田九段が独自に発見したという
「筋場理論」
を大展開。
ゴーイング マイ ウェイ!
まさに依田ワールド全開である。

sujibakun.jpg

私はこういうイメージでとらえたのだが、
(間違ってたらごめんね)
「相手の石を筋場に持って行かせるように打つ」
という事に関しては、難し過ぎて良く分からなかったよ。
それにしても、こんな事を考えながら打っているのだろうか?

ちがう、ちがう!
やはりこの人は普通とはちがう!
特殊な人種であるプロ棋士の中にあって、
さらに特殊な依田紀基。
これからも、誰はばかることなく
我が道を行くのであろう。
私は応援する。
たとえ言ってる事の半分も理解できなくとも。

(追記)それにしても、小林覚は大丈夫なのだろうか?
 あの手の震えと顔色は、アルコール依存から
 来ているような気がしてならない。
 飲み過ぎ注意。 いや本当。
スポンサーサイト

【2012/07/16 17:05】 | 囲碁一般
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック