KGS囲碁日記、 囲碁4コマなど
いつものようにコーヒーをいれ、朝いちからKGS。
あくびをしながら対局が付くのを待っていたが、
対戦相手のプロフ画像を見て一瞬で目が覚める。
「あっ!この人は…」

忘れもしない、以前私が完膚なきまでに叩きのめされた
アメリカの剛腕[2k]、Lさんであった。

血は逆流し、アドレナリンも大放出状態となる。
「ここで会ったが100年目! 相手にとって不足無し!
 あの時は無様に敗れたが、今度はそう簡単には行かぬ。
 いざ、勝負!!」
と一人で熱く盛り上がる。

しかし、この相手の強力は身に沁みてよく分かっている。
最近愛用している高目でわざわざ力勝負を挑むのは、
果たして得策なのだろうか?
一瞬そう思ったが、すぐにもう一人の自分が打ち消す。

負けるのはいい。
しかし、ひるむな!!


私は高目を打った。

やはり、その周辺で戦いが始まり
やはり、相手は一歩も緩まなかった。
かす石は取られたものの、
要石の方の攻め合いは私の一手勝ちとなり、
多分この時点で大勢は決まったのだと思う。
結果は、私の35目半勝ちであった。

定先(黒番・私)
kif82.jpg

対局が終わった後も、私はしばらく放心状態であった。
Lさんに勝った…
Lさんに勝った…

勝利の余韻に浸っていたが、
その後Lさんのプロフ画面を見ていたら、
もうさっさと次の対局に移っていたので、
またちょっと複雑な気分になる。

…でもいいのだ。
Lさんにとっては何の変哲もない
ただの一局だったかもしれないが、
私にとって、あなたは立ちはだかる上級の壁の
象徴のようなものだった。
[3k]に上がった時は実感が湧かなかったのだけれど、
今日Lさんに勝ててやっと
「あぁ、少しは前進できてるんだな」
と感じる事ができた。

ありがとうございました。
また熱い勝負ができると良いですね。
…って読んでないだろうけどさ。
日本語だしね。
スポンサーサイト

【2012/05/10 18:00】 | KGS
トラックバック(0) |

お見事!
牧神の午後
負けた事や負けた相手は、よく覚えているんですよね。

別に「勝って当たり前」なんて思っているわけではないのですが。

Re: お見事!
ペイシュー
どうもです^^

以前の負け方が半端でなくひどく、
一生この人には勝てないのではないか
位のもんでしたので、嬉しかったですよ。
思わずガッツポーズして、
小声で「よっしゃーっ!」とつぶやいていました。
この日は一日中、気分が良かったです(単純)



さとる
 白石の抜け跡、すさまじいですねー。右上の白石も中の目がなかったら手入れがいるし(って、放り込んである黒石はこの白の殲滅をねらったのでしょうか?)。反面、黒石はほぼ全部が繋がってますねー。万が一、右の切り離されてる黒が死んでても残ってたわけですし、殺されてたら少なくとも先手が回って来るわけですし。いやー、あっぱれでした^^。

Re: タイトルなし
ペイシュー
えへへ、ありがとうございます^^
右上も殺してやろうと欲をかいていたら、
繋がられちゃいました。

KGSを打っていて楽しいのは、
色んな個性を持った打ち手がいることです。
とりわけ今回の様な喧嘩上等・力碁わっしょいな
相手だと気合が入ります。
攻め合いだって読めていた訳では全くなくて、
一歩ひるめば結果は真逆になってたかもな訳で…
いや、気合って大事ですね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お見事!
負けた事や負けた相手は、よく覚えているんですよね。

別に「勝って当たり前」なんて思っているわけではないのですが。
2012/05/11(Fri) 08:47 | URL  | 牧神の午後 #-[ 編集]
Re: お見事!
どうもです^^

以前の負け方が半端でなくひどく、
一生この人には勝てないのではないか
位のもんでしたので、嬉しかったですよ。
思わずガッツポーズして、
小声で「よっしゃーっ!」とつぶやいていました。
この日は一日中、気分が良かったです(単純)
2012/05/11(Fri) 16:17 | URL  | ペイシュー #-[ 編集]
 白石の抜け跡、すさまじいですねー。右上の白石も中の目がなかったら手入れがいるし(って、放り込んである黒石はこの白の殲滅をねらったのでしょうか?)。反面、黒石はほぼ全部が繋がってますねー。万が一、右の切り離されてる黒が死んでても残ってたわけですし、殺されてたら少なくとも先手が回って来るわけですし。いやー、あっぱれでした^^。
2012/05/12(Sat) 03:00 | URL  | さとる #CYC23trY[ 編集]
Re: タイトルなし
えへへ、ありがとうございます^^
右上も殺してやろうと欲をかいていたら、
繋がられちゃいました。

KGSを打っていて楽しいのは、
色んな個性を持った打ち手がいることです。
とりわけ今回の様な喧嘩上等・力碁わっしょいな
相手だと気合が入ります。
攻め合いだって読めていた訳では全くなくて、
一歩ひるめば結果は真逆になってたかもな訳で…
いや、気合って大事ですね。
2012/05/12(Sat) 07:07 | URL  | ペイシュー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック