KGS囲碁日記、 囲碁4コマなど
囲碁講座テキスト3月号を買う。
「定石のソムリエ」も、後ひと月か…
なかなかの良講座であったなぁ。
そして巻末には、すでに新講座の告知が出ていた。

「13路盤でめざせ初段
 吉原由香里
 勝利のパワーバランス」

タイトルからすると、入門者向けの講座っぽい。
囲碁はやった事がないという方、これを機会にどうですか?
こんな面白いゲームも、ちょっとないですよ。
私も初心に帰ったつもりで、頑張ります。
(あれ、石倉先生の時もそう思った様な…
 あ、やっしー&陽光の時もか…(^_^;))

テキストには、いつもNHK杯の詳しい解説が付いているのだが
その中に、依田紀基と志田達哉の一戦もあった。
志田達哉の楽屋裏でのエピソードより抜粋。
「対局の日も、控え室ではほとんど無言。
 万波2段の『携帯電話はこれからも持たないのですか?』
 という問いかけに
 『持っても使うことがないから』
 と小声で応えただけだった」

いいなぁ。 やはり只者ではない。

棋譜解説は流し読みするくせに、こんな所ばかり
目をランランと輝かせて読んでしまうのであった。
謝依旻女流本因坊の依田紀基評もある。
「いちばん怖い。
 大きくて、とにかく怖い。
 誰とも違う」

謝依旻をして、ここまで言わせてしまう依田紀基って(汗)

しかし先日のNHK杯の謝依旻だって、そうとう怖かった。
顔を紅潮させ、夜叉のごとき表情で盤面を凝視する姿には、
鬼気迫るものがあった。

yashahime.jpg

一方、羽根碁聖の方はというと全くのポーカーフェイスで、
この人はこれまでの生涯で、
一度も取り乱した事が無いのではないか?
と思えるほどの小憎らしいまでの落ち着きぶりであった。
相手の手を殺すというか、力を封じ込めてしまうといった様な
打ち方は、私の様なアマチュアにはとうてい真似できない芸風だ。

pokerface.jpg
一度、あの眼鏡をピッとはね上げて、横山やすしみたいに
「メガネ、メガネ…」と慌てさせてみたい。

あぁ、でも謝依旻、負けちゃったなぁ…
来週でベスト4も出揃うというのに、
私の中では、もう消化試合の気分だ。
来期もまた素晴らしい活躍を見せてくれる事を信じて
春を待つ。
スポンサーサイト

【2012/02/21 17:53】 | 囲碁一般
トラックバック(0) |

ポーカーフェース
牧神の午後
羽根碁聖のイラストがすばらしい!

冷静沈着という雰囲気が伝わってきます。

Re: ポーカーフェース
ペイシュー
> 羽根碁聖のイラストがすばらしい!

ありがとうございます^^
羽根碁聖の方は、さくっと描けたんですけど、
謝依旻のまじ顔の方は難しかった。
本当は、鬼の形相の中にもやはり可愛さが
感じられたんですけど、うまく描けなかった(+_+)
力不足、残念。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ポーカーフェース
羽根碁聖のイラストがすばらしい!

冷静沈着という雰囲気が伝わってきます。
2012/02/22(Wed) 18:10 | URL  | 牧神の午後 #-[ 編集]
Re: ポーカーフェース
> 羽根碁聖のイラストがすばらしい!

ありがとうございます^^
羽根碁聖の方は、さくっと描けたんですけど、
謝依旻のまじ顔の方は難しかった。
本当は、鬼の形相の中にもやはり可愛さが
感じられたんですけど、うまく描けなかった(+_+)
力不足、残念。
2012/02/23(Thu) 06:08 | URL  | ペイシュー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック