KGS囲碁日記、 囲碁4コマなど
最近、KGSの成績がめずらしく好調である。
どうにも好不調の波が激しくていけない。
いつも、それが何故なのかは分からないのだが、
今回は分かる。
最近心を入れ替えて、詰め碁の本など読み返し始めたのである。
それで強くなっているという実感はないが、
これが効いているとしか思えない。

大体20~30分位で、「ひと目の詰め碁」などを40問。
これでも以前よりは、だいぶ早くなったのだ。

[Before]
「…ええっと、なになに?
 打つ所がいっぱいあるね。 まあ、いっこづつ行ってみるか」
「えーと、例えばここへ打つと…
 これまた、どう受けるんだろうね? いっぱいあるね。
 まあ、いっこづつ行こう」
「例えばこう受けると…う~ん、また悩ましいね。
 まあ、いっこづつ…」
以下、エンドレス。
最後は頭が爆発して終わる。

[After]
「…ええっと、これはここしかないよね?」
「相手もこう受けるしかなくて、
 こうで、こうして、こう!
 はい、次!」
はっきり言って、以前より頭は使っていない。

もっとも、よく間違えるので、上がっているのは
勝手読みのスキルだという気もしないでもないが、
やはり、広い意味で「成長」と呼びたい。

また[3k]の底が見えてきたが、ここからが長いのだ(>_<)
ゲートキーパーのごとく立ち塞がる上級の猛者たちに
何度、煮え湯を飲まされてきたことか…

同じゲームであっても、囲碁はRPGとは違い、
成長が数値では見えない。
後どのくらいでレベルが上がるのか、
王さまが教えてくれたりはしない。

いったい、ウィザードリィで言えば、
あの広大な地下迷宮のどの辺りまで、
私は到達できているのだろうか?
案外、まだ地下一階でマーフィーズゴーストと
戦っているくらいなのかもしれない…

kabe01.jpg
スポンサーサイト

【2012/02/11 16:33】 | KGS
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック